スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

428 ~封鎖された渋谷で~

本編は全クリしました。
バッドエンド埋めと、おまけシナリオ集めのための下準備が大変です。
展開に飽きがこない、良質のサウンドノベルゲームでした。
ちなみに本編クリアではまだ謎が残ってるっぽいなぁ。

※ネタばれ付き感想注意
〇遠藤亜智
正主人公らしくひねりの少ないシナリオ。
渋谷のゴミ拾いを続ける元チーマーのヘッド。
ヘッドといっても彼の生まれ育った渋谷を守るため、いろんなことに首を突っ込み、勝手に伝説が作られていったという。
とにかくバカキャラ
事件の真相にはかなり遠い人物といった印象。


〇加納慎也
もう一人の正主人公といった感じの新米刑事。
刑事らしいお決まりの熱い展開がよかった。
事件の真相に近い人物に影響を与えたという点では功績はでかいのかもしれない。
登場する刑事勢は総じて魅力的だったと思う。
ダディ

〇御法川実
渋谷を存分にかき乱してくれた敏腕ライター。
金八先生からのキャラらしいが未プレイ。
たぶん!マークが死ぬほど多いのはこのシナリオ。
漢の生き様を見せてくれる。
あんな生き方できりゃ苦労しないよ。
変人だがいい人キャラ。
結末には遠いが実はかなりいろいろ知ってしまったような気がする。

〇タマ
またの名を誘拐被害者・大沢マリア。
とにかくなすびさんの表情に注目するシナリオ。
事件の真相というか、事件の中核そのものなので真実には近かったはず。
彼女の問題を解決することが、最終的な428本編の目的となっている。

〇大沢賢治
梶原義男刑事との序盤の奇妙なやり取りがやはり肝。
こちらも序盤の暗いイメージと比べると思ったよりもストレートなオチ。
でもこれを書いてる時点では彼の命は……。

他二名はまあ置いておく。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。