スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま集合的無意識を、




人類は意識しようとしている。
でもそれはぼくの意識ではないし、ぼくの無意識でもない。
まだ、いまのところは。



いま集合的無意識を、』は神林長平の短編集である。
表題となっている、近年発表された『いま集合的無意識を、』やOVA戦闘妖精・雪風に収録されていた短編『ぼくの、マシン』など小粒の作品が収録されている。

一見すれば、単行本未収録の作品の寄せ集めともみられがちな一冊だが、通して読んでみると不思議と表題に合ったテーマの作品が揃っているなというのが印象的。
二作目『切り落とし』以外はすべて2000年以降の執筆作品となっており、それらがすべて人間の無意識に関する物語が中心となっているところからすると、現在の神林長平のブームは、そういうことなのかもしれない。
これらの作品を経た上で、おそらく『アンブロークンアロー』という作品が生まれたのであろうと予想できる。

それもいい作品が揃っているが、何より注目すべきは311震災後に書かれた『いま集合的無意識を、』であろう。
直接的な被災した、しないにかかわらず神林長平がこの地震で何を思ったのかが色濃く出ており、これほど作者の心情を赤裸々に語っている(かのように思える)作品は、今までの神林作品でも例がない。
故・伊藤計劃に寄せた言葉という側面ももっており、伊藤計劃の作品を読んだひとなどにもおすすめできる。
神林ファン的には、『さえずり』に関する部分が非常に話題になったのも記憶に新しい。

自・我・像』は非人間を中心として人間の意識集合体、もしくはネットワークの本質を追求した作品となっている。
これのおもしろいところは、神林長平の創作観のようなものが描かれている点であろう。
また、本音フィルタという考えが非常におもしろい。
本書の作品には、神林長平が発達したネットワーク(現実での話)をどうとらえているかが描かれたものが多い。
その中でもこの本音フィルタというのは、なるほどと思わされた。

大作とはいわないものの、神林長平の近年の脳内の様子を取り出したかのような作品が揃っている。
雪風目当てではもったいない、珠玉の短編集といえるであろう。
特に311経験後の神林読者なら尚更必要な一冊だ。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。