スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限界ギリギリゲンカイザーSRC公開

2005年12月2日。
筆者がこうして創作の道を進み続けている原動力――転機とも言えるそれに出会ったのは、本シナリオを更新した日のように寒い日のことであった。

その名は『限界ギリギリゲンカイザー』。
ぼくの かんがえた ロボット』という某所のスレでそのロボットは誕生した。
初めはほんの数行のみの存在だったそれに、僕はストーリーを書き上げたのであった。
公開されたSSはうれしいことに好評をもらい、最終回までの数話を書き終えた今でも外伝的な物語を継続して投稿させてもらっている。
そう、このロボットがあったおかげで今でも創作道を歩んでいるといっても過言ではないのだ。
そして5年の歳月を経て、ついにこのゲンカイザーへの"恩返し"をするときがきたのだ。

SRCシナリオの新作『限界ギリギリゲンカイザーSRC』はこういった経緯で誕生した。
もともとのストーリーを捻じ曲げず、新たに再編してゲーム化することはSRCを始めた当初から考えていたことで、最初のシナリオ『スーパーぼくロボ大戦』は評価自体はひどくなかったものの、基本的なシステム周りの知識で挫折する。
BGeneration』では逆に斬新さを強調しすぎたがために、モチベーションを維持できずに停止となってしまった。
仏の顔も三度までというが、今回の『ゲンカイザーSRC』は安定した基盤を作ることを念頭に、まずは最後まで突っ走れるよう無理のない要素を盛り込んだつもりである。
ハイスコアを競うシステムは『ランニングオブザデッド』からのノウハウを吸収し、ストーリーは『スーパーロボット大戦Jam』とは間逆に、王道を意識して構成している。
素材収集に関しても今回は欲張らず、現状得られるもので最高の仕様を目指そうと考えた上で作ることにした。

まさに再燃した本作がどこまで行けるか自分でもいろいろ楽しみである。
ぼくロボスレの有志、並びにゲンカイザー原案者には心より感謝したい。
スポンサーサイト

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。