スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Halo:REACHキャンペーンクリア




キャンペーン・難易度ノーマルで一周しました。
今回の舞台である惑星リーチは、HALO世界の歴史通り悲惨な最期を迎える。
このことは事前のスタッフインタビューでもはっきり明言されており、今回から登場する魅力的なキャラクターたちが決して救われることはないことは、プレイ前から多くのファンが覚悟していることだった。

HALO本編三部作、所謂HALOサーガにおいてのプレイヤーキャラであるマスター・チーフ。彼は人類側にとっての奇跡の存在、英雄として描かれており、その戦いには希望の溢れるものだった。
しかし本作のプレイヤーキャラはチーフではない。
この点では、前作であるODSTでも外伝キャラとしてルーキーを描き成功したことで不安はなかっただろう。
そして本作では、あまりゲームでは描かれなかったチーフ以外のスパルタンの活躍が見られる。
しかし、それでもリーチの重い運命は変わらないのだ。

突然のコヴナントの襲来から始まる本編。
滅びの始まり、敗戦ムードの戦場を駆け、やがてプレイヤーは終焉を見る……。
リーチの最後を全て描き切った本作では、主人公たちが後に伝えるべき志のようなものをしっかりと描くことに成功している。
これはODSTにはない、大変魅力的なイメージだ。

技術的な話をすると、モーションキャプチャーはたいへん素晴らしい臨場感をゲームに加えることに成功した。
今までゲームらしさ、アニメっぽさ、漫画の匂いを漂わせたHALOは、ここに来て本格的な戦場の匂いを会得した。

"スパルタンは死なない。行方不明になるだけだ"

ゲームトレイラーから出たこの台詞の重みをプレイヤーは体感するだろう。
スパルタンたちがリーチに残したもの。
プレイヤーの操るノーブルシックスも例外ではなく、リーチに彼らの志が刻まれていく。
本作はXbox360に刻まれたスパルタンの記念碑だ。
スポンサーサイト

テーマ : Xbox360
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。