スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組み立てろマイマシン!

まずはアマゾンvineのお話。
今回もいろんな商品が出たようで、配信から一時間ほど経ってから見たときにはほとんどの商品がなくなってましたね。
そんな中で僕が確保したのは、こちら。



フラッシュポイント -特殊機動隊SRU- シーズン1 コンプリートBOX』です。
海外ドラマのDVDボックスということで、なかなか楽しみ。



バンカズ01

さて、今回の本題はこちら。
XBOX360専用ソフト『バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦』。
体験版のころから気にはなっていたのだが、今回ゲームオンデマンド化+超安価になったのでさくっとゲイツを補充して購入。容量が6Gもあってなかなかビビる。
ゲームはタイトルからもわかるとおり、『バンジョーとカズーイの大冒険』シリーズの第三作目。
2まではニンテンドー64でシリーズを展開していたものが、制作であるレア社と任天堂の関係がいったん切れ、のちにマイクロソフトが子会社化したことで360での新作が実現したという、なかなか珍しい例。
ニンテンドー64以来の新作であり、かつ機種が360ということで圧倒的なグラフィックの進化を果たし、ゲーム性を一新した渾身の一作である。
従来のアクションゲームを捨て去り、今回はブロックを組んでマシンを作るゲームへと変化。
上の写真を見てもわかるとおり、さまざまなブロックを組み合わせてマシンを作り冒険をする。

……まぁ、日本のゲームフリーク向けに説明してしまえば、『ブロックになったパネキット』がもっともわかりやすいところだろうか。
もちろんパネキットとは差別した部分は多く、ゲーム性は大きく違うが、組み立てたマシンでノルマをクリアし、ルールさえ守れば自由という制約の中、いかに頭を捻ったマシンで挑むか、という部分はよく似ている。
また、パネルではなくブロックということで、パネキットにあったパネルのつなぎ目部分の角度調整はない。単純にマニアックなバランス調節などが存在せず、重量やバランスなどの要素は簡素になっている。
しかし、本作の豊富なブロックの数々とデティールはたいへん魅力的である。レゴブロックと同じようにくみ上げたマシンに、実際乗り込み操縦するのはなかなか興奮モノ。主観視点での操縦ももちろんある。
パネキットにほしくても存在しなかった浮き輪、プロペラ、武器の種類などなど、とにかくフェチにはたまらないパーツが大量にあり、それらを組み合わせる快感は素晴らしい。

バンカズ02
組みあがったマシンは自由に眺めることができる。
もちろん色も変更できる。
オンラインマルチ、設計図の受け渡しも自由自在。また、この画像のようにゲーム内で撮影した写真は公式ページにアップロードし、自由に使うことができる。
ゲーム未プレイの方にはわかりにくいだろうが、これは筆者の作った二輪車である。奥の車輪がサイドカーとなっている。

バンカズ03
パネキットではとても願望の強かったパーツの分離が可能。
重装甲の車の中から、二輪車が飛び出すなどの仕掛けも作れる。

バンカズシリーズはアクションだろ、という人にはまったくヒットしないだろうが、僕のようなレゴフェチにはたまらないゲームである。オールクリアまでは果てしなく、まだまだたくさんのパーツが登場する。
しかし、これが2000円で購入できるとは!
スポンサーサイト

テーマ : Xbox360
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。