スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それはそうと卒業写真の欠席者みたいですねイズン様・レギンレイヴ

さくっとイージーオールクリア。
いや、あまりさくっとではないです。かなり今回はボリュームあります。

とりあえずフレイでのオールクリア。
クリア特典はポイントで、フレイクリアでもボーナスでポイント獲得。
大雑把な感想。



○進化したサンドロット流ゲーム性

本作は、かなりサンドロットでも気合の入った作品だと思う。
ぱっと見の演出も、当然今までの中でも気合の入っているほうだろう。
(まぁ、リモダンはフルボイス、フルアニメーションなので手間的には同じくらいかもしれないけど)

ゲーム性は地球防衛軍に近いものの、接近戦の要素はリモダン~MGの系譜を継承している。
防衛軍にはないガードの要素が非常に重要で、ロボゲーのガードと防衛軍の緊急回避に順ずる神速移動の組み合わせが、想像以上に新鮮。
サンド性ロボゲーには不足していた(というより、意図的に減らしていた)、スピーディな戦いが展開できる。
1対1での戦闘の緊張感がかなりいい。
雑魚として登場する巨人族の挙動は、ある意味狙ってくれといわんばかりの隙を見せるので、すかさずバッサリと切り伏せるのも実に快感。
そういう意味では、本作はサンドロットのゲームすべての集大成かもしれない。

非常に細かい部分について。
今回の斬撃には、MGでの重要な要素だった上下斬りによるコンボも継承しているのだが、横切りでは敵が飛ばなくなった。MGでは横切りでもしっかりと物理演算で敵が吹っ飛ぶので、けっこうめんどうな場面が多かったのだが、それをオミットし、一騎当千のバッサリ感を生んでいるのは地味ながら見事な調整だと感じた。
また、上下横斬それぞれでの攻撃力を変更し、連撃のルーチンも武器ごとに変えることで、単なる接近戦武器ながら個性を生んでいるのも関心する部分だろう。
あとは骸骨兵士の死体のあたり判定が気になるところ。サンドロットがあえて残したのかもしれないが、フレイヤは死体斬りで魔力を回復できる。強敵と戦ったあとのアフターケアがゲームに存在するのはおもしろいと思った。
キャラクターのモーションの凝りようは歴代作品でも随一なので、これを眺めるのも楽しいかもしれない。

反面、地球防衛軍やギガンティックドライブに比べて破壊できるオブジェクトは少ない。というより、今回はオブジェクト破壊はあえておまけ程度と考えてもいいかも。
なんせ舞台が舞台なのでビルのような建物はあまりないわけですし。
その代わり、今回はサンドでも初といっていい部位破壊のできる敵がわんさか。
これをズバズバと、思ったとおりの箇所を斬り飛ばすのは実に爽快。

途中登場のヘル様は実によかった。
まぁ、倒せなくて某所で調べた方法でさくっと倒しちゃったんだけど……。
あの腕を振り回すときのぞっとする感じはサンドロット独特だと思う。なんせ見た目そのままのあたり判定なのだから。

ラスボスはかなーり厳しい戦いだった。
なんせ長い。クリアしてない人はかなり時間をとられるから注意しよう。
でも演出は正直ぐっときた。
原作の北欧神話自体のオチがああなので仕方ないとはいえ、実に絶望的だった。
相変わらず本間Dのシナリオはゲームとしてプレイしやすくて好きだなぁ、と思った。

まぁ間違いなく、今回も(受け入れられるかは別として)とんでもない新機軸、革命的ゲームだと思う。
神速移動の仕様とかも、想像通りに作ってくれてたし、すごく感動した。
今までの欠点、要望、ありとあらゆるノウハウを詰め込んだ一作でしょう。
ありがとうサンドロット。
スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。