スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの消失




涼宮ハルヒシリーズの中でも特に人気の高いエピソード、『涼宮ハルヒの消失』が劇場映画として登場しました。
ある意味では当然かな、というのが最初の印象。角川が人気の高いことはとうぜん承知であろうことは明白ですし、それをテレビシリーズより大掛かりな映画としてアニメ化するのは流れからいって不思議ではないな、と。
しかし、ハルヒのブームが多少は当時より落ち着いた今、自分のような若干さめた気持ちでこの事態を見つめたひとも居るには居そうで、特に二期と謳われた新シーズンではかなり冒険的なことをして、悪い意味でも話題になりましたし。
まぁ、実際に中身を見てしまえば、そういう気持ちはあっという間に消し飛んだのですが。
基本的には原作準拠で、二期シリーズでちりばめられた伏線を知っておかなければあっと驚けないギミックがいくつかあるのも、原作どおり。
映画化をするにあたり、かなりボリュームアップをしたという印象が強く、結果的に上映時間はかなり長めとなった。
これは、自分のようなキョン語りが好きな人や、よほどキャラへの愛が強い人でないと、若干つらいかも。とにかく語りが長く、原作の語りをほとんど網羅しようという勢いで、ついでに映像でも魅せてくるので、見た後の疲労感はけっこうなものである。実際寝てる鑑賞者もいたと思われるが、まぁ特典狙いだったのかもしれないと思っておく。
映画化ということでモブキャラまでがっつり描いており、どのモブもかわいく、よく動く。映画化に際しての意地を感じる。
映画のテンポも原作準拠で、これは微妙なところ。とにかく原作のテンポが結末までの『溜め』の多い作品だったので、これをそのまま映像化すると多少くどさを感じる。原作どおりの映像化、という意味でなら当然○なのだが。そういうテンポ=キョンの内面描写の濃さが本作は重視されており、これは杉田氏はかなり苦労したろうなぁと思う。
物語内容に関しての感想は、原作の感想と同じ感じになるのだが。本作はキョンの決意が固まるエピソードとして有名だが、じっさい今作でキョンが成し遂げたことというと、何だろうという話。
実際、最後に未来からキョンが助けに来るのは確定済みなわけで、谷口から情報を聞き出したわけでもなく、本作のキョンが行動したことは部室で長門を見つけメッセージを発見するまで、である。
今回のキョン、七転八倒するキョンというのは、決意が固まる前のマイナスなキョンなわけである。故に、本作で彼は葛藤はするが、実際に活躍はしていないので、そういう意味ではヒーロー的ではない彼が主役の本エピソードは、盛り上りに欠けるといえば欠ける。結果的にハルヒに助けられてるわけだから。
……というのが原作での『消失』で引っかかったことなのだが。
映画では逆にキョンの独白を強調することで、見ごたえを増している印象が強い。ラスト近くのキョンの自問自答は映画の尺を確実に長大化したが、かなり大きな、ハルヒシリーズの中でも、とても重要な要素となったと思う。
故に、である。ほかのシーンでの作りこみもとうぜんレベルが高く、要するに全体的に盛り上がりっぱなしのテンション維持で、休憩の場が少ないのが本作の困りどころであろう。キョンの緊迫した心境とマッチしている、と言い換えてもいいが。

そういう意味で、本作は人気作ではあるが、実際はキョンのプロローグなんだろうということ。本当に彼が行動するのは原作などでもこれからであり、たぶん次に発刊される新刊も、とうぜんそうなるのであろう。
そして、映画化をした消失は、エンターテイメント作品としても強力だが、なによりプロローグ作品であることをさらに強調した作品になった、ということ。
ただ、こうして壮大なプロローグを展開したのだから、早々に次を見たくなるのが唯一の困りどころだろうか。


とまぁ、ここまでが一応は書き手を志すものとしての目線。
こっからがあくまで個人的感想。

本作のキャラでいちばん魅力的なのは誰か?
七転八倒するキョン? アナザーな長門? どこでも変わらない朝比奈さん? それとも髪の長いハルヒなのか?

古泉だろう。

彼は本作で、ついにというか、やっと本音の片鱗を見せるという、大変重要なエピソードがあるのである。
単純にミステリアスで、キョンにとってはただただ怪しいイケメン超能力者が、その超能力のない世界で、ついに本音があふれ出るのである。
原作ではもういくつかエピソードがあるが、アニメではほぼ初なんじゃなかろうか。
僕は個人的に古泉というキャラが大変好きなのである。
彼の本当の魅力が発揮されるのは、原作でもこの後であり、それは大変彼を魅力的な人物として強調してくる。彼の友情とも恋ともつかない微妙な部分、強固な金庫のようであった彼の本来の人柄、そういった部分がしだいに現れるそれらのエピソードが今後の魅力であろう。
というかキョンといい古泉といい、1期より確実にかわいらしい動作が増えたな、おい。
個人的にはもっと国木田を押せよ。

とまぁだいたいは良作といった感じで。
重要なのは今後、というのがいちばんの感想かなと。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。