スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総括・2009年

今年もいろいろと恥さらしな生き方をしてきました、黒猫と踊れ管理人です。
とりあえず、なんとなく、2009年という年を振り返ってみましょう。

□1月(9)
しょっぱなから登場しました。『Fallout3』です。
名作でした。
かなり久しぶりにゲームにどっぷりとハマりにハマりまくりでした。
この月にはZUNTATAへの興味も出始めて、いま思えば自分のZUNTATA暦はまだまだなんだなと思い返します。
この月には『死して咲く花、実のある夢』の記事を書いていました。
神林長平先生作品の中でもとても綺麗に終わる作品なのでおすすめです。
あと……地獄のようなスパロボKが発表。
もう、思い出したく、ない。

□2月(10)
HaloWars』が発売。
思った以上にRTSというゲームが過酷なのを体感。
そして待望のジョジョフィギュア『超像可動』の発売。
かつてのジョジョオタ魂に火をつけてくれました。
書籍では『Uの世界』の感想を載せていました。
難しい一作です。

□3月(12)
ジョジョ熱を再燃しつつ、相棒の新相棒発表という衝撃的な出来事がありました
ミッチーはかなり自分の中で評価の高い人だっただけに、とても嬉しかったのを覚えています。
戦闘妖精・雪風』を再読したり、『ef』を見たり、『平沢進』師匠に再燃したり。

□4月(9)
江戸川乱歩の『孤島の鬼』、横溝正史の『夜歩く』、いい作品でした。
特に夜歩くはかなり今でもお気に入りの一作になりました。
銀と金』の全巻読破。
PSP』の購入。でも『パネキット』しかソフトはなかった。
ムービーマスターピース・DXジョーカー』の予約をする。しかし届くのははるか未来になるのだった……。

□5月(9)
その言葉、宣戦布告と判断する
 当方に迎撃の用意あり
   完 覚
   了 悟


フィギュアーツ・零』を原作を読まずに購入したら、『覚悟のススメ』全巻がいつのまにか本棚にあるという珍事が発生。
ヒッチコック監督作品に漬かりながら、アカデミー作品の『スラムドッグ$ミリオネア』を鑑賞。どちらもとてもいいよ。
428』をプレイした流れで『』に突入。
美術館にも行ったりしたが、忘れてはならないのは筋肉少女帯のニューアルバム『シーズン2』発売。
まだまだ前向きで熱いアルバムでした。

□6月(12)
ゲキ×シネは大変面白いものでした。
ダイナミック斬』の発表を危惧したり、『スーパーロボット大戦NEO』の発表に興奮したり。
漫画では『天 天和通りの快男児』、『WATCHMEN』などを読破。
映画では『トランスフォーマーリベンジ』、期待以上の出来に大満足でした。
小説では『彼岸過迄』の感想。
心情的な問題もあった月ではあるが、こうしてみると充実した月だなぁ。

□7月(12)
エヴァの新作や『ターミネーター4』の公開。
新房みくすの破壊力。
エイリアンシリーズ』の鑑賞。
悪魔のいけにえ』『ゾンビ』『死霊のえじき』『ドーンオブザデッド』、若干カルトな方向へ。
SRCシナリオ『ランニングオブザデッド』の構想を練り始める。
そしてついに発売、『アンブロークンアロー戦闘妖精・雪風』。

□8月(11)
ギアーズオブウォー2』が登場。相変わらずのハリウッドチックアクション。
サマーウォーズ』が公開。
ノンセクトラジカルズ』さんが自分のリクエストを受けて『混合☆タイムボカン』を発表。
敵は海賊・短編版』が発売。
そして『神林長平サイン会』に参加。

□9月(10)
神林長平トークショー』の参加。とてもおもしろい話を聞かせてもらいました。
完璧な涙』を読んだり、『映画版WATCHMEN』を鑑賞したり。
HALO3:ODST』はBGMがかなり美麗でございました。いいBGMのゲームは、いい。
スーパーロボット大戦JAM』の予告をしながら公開できず。今書いてるからマジで。
ジョーカーの発売日……のはずが延期。
液晶ディスプレイ時代到来

□10月(11)
デススマイルズ』が与えたゲーム感はのちにランニングオブザデッドへとつながっていく。
横溝正史の『女王蜂』。
そして『Forza3』登場。
スパロボNEO』がおもしろすぎて感想記事が連載。

□11月(8)
長野へ遠征。
眠狂四郎シリーズ』や『渡り鳥シリーズ』などの魅力に目覚める。
神林長平トリビュート』が発売。

□12月
twitterの登場で更新回数は低下。


□総括
思っていた以上にいろんなものに手を出した一年でした。
ZUNTATA……まだ一年だとは思わなかったですわ。
今はダライアスバーストにはまっているあたり、ZUNTATAに始まりZUNTATAに終わるのだろうか。
神林先生作品へさらにどっぷりだったのも印象深いところ。
来年はおそらく、たぶん、Porsche 911 turbo S wheel により車生活からの始まりになる、はず。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。