スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神林長平トリビュート発売日決定

神林長平トリビュート 1,575円
早川書房編集部編(著)

刊行日: 2009/11/10

虚淵玄『敵は海賊』、円城塔『死して咲く花、実のある夢』、桜坂洋「狐と踊れ」、辻村深月『七胴落とし』ほか、新世代作家八人が神林SFを代表する長短篇を独自に解釈、豪華競演を果たした傑作アンソロジー



正式な発売日が決定しましたね。
円城塔、桜坂洋、辻村深月の三名は神林長平トークショーでの発表どおり。
新たに虚淵玄の『敵は海賊』が発表。虚淵玄はエロゲーメーカーNitro+(ニトロプラス)さんの初期の作品『ファントム』や『吸血殲鬼ヴェドゴニア』、近年では『続・殺戮のジャンゴ』にTYPE-MOONさんとのコラボで実現した『Fate/Zero』など多くの話題作を手がけた人。銃大好きな人なので敵は海賊でもいろいろとおもしろいことをしてくれそうです。
これで円城塔さん以外はSFマガジン神林特集号であげた一作品と同じ作品になっているので、残り四名のうち数人はここから出るのかな。
値段がちょいと高めなので文庫ではないということだろうか。トークショーでの宣言通り(たぶん)の発売日になって安心、期待。
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。