スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには

今朝から我が家の黒猫が元気である。
つぶらな瞳をまっすぐ自分の目にあわせてくる。
彼らの生き甲斐は「食と愛」である。
いや、愛嬌だろうか。
ちくわを与えてやるとものすごい勢いでかぶりつく。
今日も鬱蒼とした日々が始まる。
久しぶりの徹夜の朝だ。

ふとマイノリティという言葉を思い出した。
なぜなら今の自分がマイノリティの例に立たされているからである。
そしてかつての友人が、そのマイノリティを恐れていたのを思い出し、今朝がたそのログを引っ張り出して眺めた。
彼に助言を求めたのである。
しかし彼は過去の人なので、書店で売っているような啓蒙本程度の知識と、懐かしい思い出の香りしかそこに見出せなかった。
彼の言葉が聞きたいのだが、それはもうほとんど叶わぬ願いだろう。
よけいに憂鬱になった。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。