スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸過迄

夏目漱石の長編小説。
タイトルの由来がいろいろ有名な一冊。しかし蓋を開けてみると、ほんとうにタイトルに意味を見いだせないのね。

敬太郎という、平凡な男が垣間見る様々な人々の様子を描いたお話。
その出てくる登場人物たちのだれかに、読んだ人は共感を見出すかもしれない。
特に須永市蔵の独白で語られる恋愛模様や、母への複雑な感情を綴った部分はぐっと心にくるものがある。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。