スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い眼鏡



1995年夏。
人々は溶けかかったアスファルトの上におのが足跡を刻印しつつ歩いていた。
……ひどく暑い。



紅い眼鏡』は押井守監督による初の実写映画作品。
公開は1987年。
後にケルベロス・サーガとよばれる作品群の1作目である。

カルト的な人気をもつ本作を評価するのは難しい。とはいいながらも記事をはじめてしまった以上、一定の考えを披露しないことには始まらない。
こんな書き出しをさせるくらいには、本作は見るものを混乱させるであろう。
声優・千葉繁のプロモーションビデオからはじまり、規模が大きくなり映画となった本作は名作『機動警察パトレイバー』より2年も前の作品である。つまりまだうる星のにおいを引きずっている時代に作られた、しかもアニメでもない作品である。

ストーリーは第二次大戦でドイツが戦勝国となったイフの世界。
占領下となった日本に作られた警察組織の内乱から始まり、主人公・都々目紅一がドイツ製特殊装備であるプロテクトギアを持ち出し、仲間と共に国外へ逃亡を図る。
逃亡中に戦闘し、共犯者である鷲尾みどり、烏部蒼一郎らが負傷。
都々目紅一は、いつか日本へ帰ってくることを誓いヘリに乗り込む。
そして3年後、都々目紅一が帰国するところから始まる――。

現在、DVD以外にもバンダイチャンネル『紅い眼鏡』たったの350円で視聴可能である。
詳しい感想はネタバレになるので後述するが、興味を持った方はこちらでさくっと観てしまうのがいいかもしれない。
ただし、"本作はあの攻殻機動隊より人を選ぶし、声優に興味があるほうが(むしろ必須とも)楽しめる"ことを先に忠告しておく。

それでは以下はネタバレありの雑記。


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

パンツとハサミが熱い




この世にSEXというものが存在するとはじめて知った少年は――誰もがこう思うに違いない
自分が"それ"を初体験する相手は いったいどんな女性なのだろうか――と


基本的に僕は漫画をあまり読みません。
神林長平小説にハマってからは特にその傾向は強く、漫画と同じかもう少し高く、あるいは安く手に入る小説のほうがお得だなぁだなんてことを考えてた時期が過去ありました。
中学生時代にはジョジョの奇妙な冒険にハマり、単行本を揃えましたが高校になってからはさっぱり。
そんな中で、漫画は多く読まないけれど、琴線に触れた数冊はシリーズを集めてました。

本書『謎の彼女X』もそのひとつに加わりました。
いうなれば恋愛漫画。しかしどこか奇妙な作風であるのが、僕を惹きつけた理由かもしれません。
そもそも恋愛漫画自体をそれほど読んでないので、いろいろ刺激的でした。
多くを語れば未読の方にとっての楽しみを奪うことになるので控えますが、しかしながら個人的にはツボの一冊なのです。
アニメ化が予定されており、春を境に人気が出ると思いますが……漫画も魅力的ですのでぜひとも読んでもらいたい。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。