スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蠅の王



蝿の王』はウィリアム・ゴールディングの長編小説である。
古典的な孤島を舞台にした少年冒険活劇を、人間の諸悪的な本能を加えたことで、人間とは何かを問いかけた傑作小説。
戦時中に無人島へ墜落した十数人の少年たち。大人は誰一人としていない世界で、秩序を維持しようと努力するが、次第に崩壊していく。
こういった"大人不在の少年期"を題材とした作品は、現在は多く存在するが、本書が書かれた1954年という時代を考えると、その衝撃は想像できる。イギリス人である彼ら少年が、作中最後で大人たちに、「なぜ秩序を保てなかったのだ」と問いただされる。しかし、その理由は彼らにしか判らない――いや、正確に言えば何が始まりだったのかがわからない。争いの種が、ただ単に"奴が嫌いだった"というものであれ、なぜ嫌いなのかはっきりしない。
主人公ラーフは度々作中で、"頭に幕がかかる"として、自身の自制心が消えていく様を表現している。彼は作中の人物の中でも、決して有能ではない人物として描かれている。
体はたくましくないが考える力をもつピギー。年は若いが聡明な頭脳を持つも、それを大衆で表現する力が弱いサイモン。協力すれば、彼らの欠点を補える――というありきたりな展開に進まないのが本作の恐ろしいところである。
ラーフは少年たちのリーダーとして選ばれるが、それも決して有能だから選ばれたわけでなく、単に運によって選ばれる。少年たちの大半は6歳にも満たぬ少年で、その支持を得る理由は能力ではなく、ただ単にその場で彼が目立ったかどうかに過ぎないのだ。
そういった経緯で選ばれれば、彼を嫌う人間も出てくる。反目するジャック。彼はラーフよりたくましく、楽器隊の隊長という立場からより軍人然とした少年として描かれる。
知識ある者、力ある者、聡明である者、カリスマ――それらの人間がいたとしても、無人島の孤独、未開の地の恐怖が包み、秩序がなくなるにつれ無意味になっていくという構図は、現代社会であっても同じことが言えるような気がする。何かの拍子にあっけなく秩序は消えてなくなる、そういう可能性を持つのだと。

本書を手に取ったのは、『英語で書かれた文学ベスト100』にランクインされていたからだったが、十二分に充実した作品で楽しませてもらった。王道のアンチテーゼとまでは言わないが、そういったものをお好みなら本書は気が合うかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

いあいあ白書

クトゥルフ神話TRPGの分厚さにビビる今日この頃。

真・女神転生』がマイPSPにやってきました。
このゲーム、SFCのゲームですが十分に遊べる作品。RPGほどシステムが優れていれば時代を超えても遊べるジャンルはないと実感する出来です。
ノーマルでのプレイなので、SFC時代のゲームバランスよりマイルドになっているのだけれど、難易度は高め。
いいRPGは数値がたまる過程それ自体が楽しいものだと思うけど、その数値にプレイヤーが価値を感じれるかが、いいゲームかどうかではないでしょうか。

創作意欲は減退しております。
なんとも弱音を吐くような出来事が続いているので、こうしてこの場でも愚痴を書いてしまいます。
某所でのアレ(批判)も、自分で思ってたよりダメージがでかいようで、というのもそれ以外での残念な出来事が免疫力を落としているんだなぁ。
今は少しずつエネルギーを溜める感じで。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

深夜プラス1




一万二千フランというのは計算することができる。
だが、カントンであるということは計算できない。


深夜プラス1』はハヤカワ文庫より出版された、イギリス作家ギャビン・ライアルの長編小説である。
発表は1965年と古く、イギリス発の冒険小説としては古典的名作に入る一冊であり、日本では菊池光による翻訳で出版されている。
本書を最初に読んだのは、もう4~5年前であって、今頃ふと再読してみると、なんとも大きな衝撃を受けたことに驚かされた。本書を最初に読んだころは、これほど面白いとは感じなかったのだが、自分の読解力の向上故にか、はたまた作品の奥深さを当時気づかなかっただけなのかもしれない。

婦女暴行の容疑をかけられたマガンハルトは、自身の持ち株にかかわる重要な集会のためにリヒテンシュタインへ向かわねばならなかった。フランス警察と、彼の命を狙う何者か――板ばさみに合う彼を助けるべく雇われたのは、フランス・レジスタンスの経験を持つルイス・ケインと、ヨーロッパでナンバー3と言われるガンマンのハーヴェイ・ロヴェルであった。
ケインとロヴェル、マガンハルトとその秘書ミス・ジャーマンを乗せた車がフランス横断に挑む。敵の正体、戦争を引きずるケインの美学、そしてロヴェルに隠された問題――何十にも織り込まれた要素が絡み合う。

金とプライドで揺れる、銃を捨てられぬケインの苦悩。ロヴェルに隠された大きな悩み。
ある意味駄目男の境地にいる二人のガンマンの心情が、このフランス横断の旅で大きく描かれている本作は実に渋い。また作者が徹底してこだわった銃描写(モーゼルC96とS&W M36)はその筋の話が好きな方ならよだれものではないだろうか。
筆者的には主人公であるケインの心情の深さに、再読では驚かされる。銃を撃つ理由を求め、最終決戦で苦悶する姿は実に寂しい男の究極系だ。彼の引きずる"戦争"という影の深さを思い知ることになる。
古典と思うなかれ。上質な作品は後世に自然と残る。この深夜プラス1もそのひとつに違いない。
お勧めです。

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

行くぜ! 第2次スーパーロボット大戦Z!


俺、Lのアンケートに
ボトムズとダイガード参戦希望』って
書いてたんだぜ。


というわけで、スーパーロボット大戦の久々のシリーズ大作。
第2次スーパーロボット大戦Z』が発表されましたよ。
機種はPSPということで、据え置きが微妙なこの時期に勢いのある機種として、まあ無難な選択肢ではあるのかなぁ。ダライアスバーストのために買っておいてよかったです。

参戦作品は以下のとおり。

* オーバーマン キングゲイナー
* THE ビッグオー
* 無敵鋼人ダイターン3
* 無敵超人ザンボット3
* 無敵ロボ トライダーG7
* 戦闘メカ ザブングル
* 装甲騎兵ボトムズ
* 装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー
* 装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ
* 装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ

* 機動戦士Ζガンダム
* 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
* 新機動戦記ガンダムW
* 機動新世紀ガンダムX
* ∀ガンダム
* 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
* 機動戦士ガンダム00 1st Season
* コードギアス 反逆のルルーシュ
* 真マジンガー 衝撃!Z編

* 真ゲッターロボ 世界最後の日
* 宇宙大帝ゴッドシグマ
* 六神合体ゴッドマーズ
* 創聖のアクエリオン
* 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい
* 超時空世紀オーガス
* マクロスF
* 劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~
* 宇宙戦士バルディオス
* 超重神グラヴィオンツヴァイ
* 超獣機神ダンクーガ
* 獣装機攻ダンクーガノヴァ
* 地球防衛企業ダイ・ガード
* 天元突破グレンラガン
* 劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮編


ぱっと見ただけでも人気作品グレンラガンの参戦の衝撃。
ACERから順当に昇格のコードギアス。
ガンダムニューカマー・ダブルオー。
まさかのボトムズが4枠参戦。
ついに来たかという真マジンガー。
そして待望のダイ・ガード。
新規だけでも見所が満載すぎて、NEOでの衝撃に近い濃さとなっています。

復活組でもテレビ版ガンダムWの復帰、トライダーG7が2DSD初参戦。
さらにスパロボでおなじみながら初の声付き参戦の、ゴッドマーズ。
ダブルダンクーガの揃い組み。チェンゲもついに登場。
隅から隅まで、追求しきれない内容となっていてやや混乱気味。

まあしかし、ダイガードがついに参戦というのは感慨深い。
参戦作品の好みで言えば、今回はかなりクリティカルヒットで、期待が否応に高まる感じです。
αとはちがう意味で、オールスター大戦といった感じでしょうか。
……ただ、スパロボにおける大作はシナリオがあれなことが多いのが今までのパターン。とりあえずダイ・ガードがしょぼくても、キリコが無駄に無口すぎてもがっかりしないように気持ちは落ち着かせて挑みたいです。
ともあれ期待大の新作、発表から発売までの期間も4月発売とかなりのもの。
PSPを暖めてお待ちしております。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。