スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズム





あなたがいて わたしがいる



プリズム』は神林長平の短編連作作品である。
本書は7つの連続した短編作品の集まりであり、最後の『ヘキサグラム』は本書の書き下ろしとなっている。
また、第18回星雲賞日本長編部門を受賞した作品である。

再読作品になります。
これを読んだのは神林ファンになりたての頃、雪風と敵は海賊をそれぞれ読んだあとに、最初に手を出した作品だったと思います。故に、長き長き神林作品の世界への旅立ちの作品として、非常に思い出深い作品です。
本書は短編連作という体で書かれておりますが、文章量とは裏腹にかなりディープな世界観の下地があり、最初に読んだ当時の僕の感想は『何度か読まないとわからない』とかだったと記憶しています。

とにかく神林作品に慣れ親しんだ人ならまだしも、初見でこの作品に手を出すと、ちょっとこんがらがる作品だと思います。ある神話をベースに構成された、3重の世界が舞台で、それぞれの登場人物の活躍があっちこっちで描かれているので、一見してそれぞれが独立した作品だと勘違いしがちに。
しかし、こうして再読してみると、その世界観の複雑さをテーマ性に昇華している神林先生の手腕に惚れ惚れします。
今回は「言葉」がテーマであり、言葉の質、言語のもろさ――反面として、人間の「想い」などの力のタフさが描かれていて、神林作品の中でも全体的に爽やかな作品になっています。
書き下ろしになった『ヘキサグラム』にしても、本来のオチを真っ向から否定しているのが面白いところ。
少しロマンチックな展開へと持っていったのも、物語の後味のよさを生んでおり、読後感がいいです。
『言葉』の扱い方に、神話と機械という組み合わせで挑むのが神林らしくて、いくらか先生の作品を読んでから読み直すと、なかなか発見の多い作品です。
あなたがいて、わたしがいる――このエピグラフの意味を考えるのもいいですね。

神林流の神話世界も独特です。
2つの世界の中間にあるリンボウ――人間界。
創造能力と、言葉の力を使う創言能力の描写。
色を扱う世界に、仮想空間のSOWワールド等等。
先生の作品の中でも、それほど文字数の多い作品ではないと思うのですが、詰め込まれた要素がかなり多いです。
それでも、隅々まで作ってあって抜かりがないところが、イコール『プリズム』の完成度の高さの証明でしょうか。

神林的な色彩が、かなり極端に出ているので手を出しにくい部分はありますが、読後感などは先生の作品の中でも間違いなく上位です。
おすすめ。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

電子で三国志




時代は電子だ!!

という幾世紀遅れのインスピレーションに導かれ、買ってきました。
大人の科学』です。

大人の科学シリーズは、ブログには書いてませんがミニエレキギターを買っておりまして、その出来には大変感動しました。まぁ楽器なんぞまったく出来ない人間なので、たまにポロンポロンジャーンと弾いてる程度なのですが……でも男の子なら一度はエレキギターを弾きたいと思うのは当然なので。この価格でマイギターを手に入れられるのは魅力的でした。
(弾けなくても……まぁ4000円以内だし……)

そして今回買ったのは、ギターより前に発売となった、シンセサイザーです。

これは――楽しいです!
鍵盤という見るだけで吐き気を催す装置はついてない。
でも各ツマミをひねって音を作って、音を放つことができる!
これはおもちゃとしても、というかおもちゃとして、楽しいです。組み立てなので愛着も出ます。
KORG DS-10もほしかったのですが、どうも品薄のようで断念。なんというか、僕のようにビートマニアGBガッチャミックスで電子音に惚れて、ゲームボーイカメラをひたすらいじってようなシャイボーイにはスマッシュヒットするのではないかと。
そんなやつ、いないか。

それでどうして三国志かと。
単純に三国志ブームが来ただけなんですけどね。
横山三国志から読み始めて……先は長いんだろうね。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

聖界皇、始まる

聖界機兵セイカイオー第01話を公開しました。
今回から物語は本格的に始まりとなります。

今回の更新では、創刊記念スペシャルとしておまけゲームが添付しています。
暇つぶしに是非。

今回の更新と原作SSを見比べてもわかると思いますが、まったく違う展開を見せています。
というのも、今回のセイカイオーSRCでやりたいことは、要するに『魔装機神』ということです。
すなわち、原作では描かれていないセイカイオーに乗る以前の民荷尽を描き、キャラクターに深みを与えるのが狙いです。スーパーロボット大戦Jamで少しは磨かれたであろう腕を、今作に存分につぎ込むつもりです。
久しぶりのオリジナル作品でもあるので、気合いも入っています。

『スーパーロボット大戦Jam』のシナリオアンケートも読ませていただいています。

>出来ればロボットアニメを増やして
>特にスーパーロボット系を

増えます。
次の話にもさっそくひとつ、新規で登場します。
スパロボ本編でもおなじみのスーパーロボットですね。
SRC関連のサイト様で高いクオリティのMIDIが配布されているので、作者としても楽しい作品です。
どんなロボかはお楽しみください、今後もよろしくお願いします。

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

聖界皇、リトライ

かつて某所で連載したSS『聖界機兵セイカイオー』を、SRCでリメイクすることにしました。
あれがもう4~5年前ですか。時間が経つのは早いです。
SSでは完結済み、続編のISは先走りすぎて停止中の作品ですが、ISの触りくらいはSRCで行くのではないでしょうか。

なんで今更セイカイオーなのかは、まったく理由はないのですが。
とりあえずSRCJam以外にも、ちまちま作れるものが欲しかったのと、今回は意欲的な新システムだとかは無縁でシンプルに行こうと決めて作りたかったのと二つありまして。
結果的にゲンカイザーは味方が少ないのでゲーム向きではない、だからセイカイオーになりました。
まぁのんびりと書いていきます。

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

人面瘡




人面瘡』は横溝正史の金田一シリーズの作品である。
本書は短編集となっており、『眠れる花嫁』『湖泥』『蜃気楼島の情熱』『蝙蝠と蛞蝓』、そして表題の『人面瘡』の5篇を楽しむことができる。
それぞれバリエーション豊かな作品内容で、金田一作品の中でも多くの魅力が詰まっている。作品の舞台も都会から島、何かと縁のある岡山など多彩で、金田一先生はあらゆるシチュエーションを駆け巡ることとなる。
それぞれ魅力的な作品だが、蝙蝠と蛞蝓では夜歩くのように、第三者の目線で金田一先生を読むことができる。他人から見た金田一耕助という男の不気味さを描いていて、これは夜歩くのような例外ではなく、ごく一般的な人の目線で見た金田一の姿を描写している。彼を蝙蝠と例えた上での物語の結末など、ほほえましい作品だ。
短編ばかりなので、一人の人間にスポットの当たる『女王蜂』のような深みはない。しかし、ある意味これは金田一耕助という男にスポットの当たった作品なのかもしれない。事件の多彩さ、他者の目線、それらをこの一冊で通して読むことで、新たな金田一像が見れるかもしれない。

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。