スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あゝ、荒野




――憎しみひとつ習得できぬ

1960年代の日本。
新次と<バリカン>という二人の男が、同じ日に、同じボクシングジムへと入門した。
新次は快活な野心家で、<バリカン>は小心者の大男。
正反対の二人が都会という荒野の中で、さまざまな人と出会い生きていく。
やがて<バリカン>は新次と闘う日を夢見るのだが……。


あゝ、荒野』は寺山修司作の長編小説。
前もって言うと、僕は非常にレトリックを多用する作品が苦手である。なので非常にこの作品は感想を書くのに難儀した。
また、寺山修司という男をそこまで深くは知らない――恥かしながら僕の読書暦は深くはない。しかし恥じていても仕様がないので黙々と追いつこうとするだけだが――こともあって、なにぶん心構えに時間がかかった。
僕のレトリック嫌いの起源は、村上春樹の話へと遡る。村上春樹がこうして本を読む機会を自分に与えた。与えはしたが今はとても嫌いなのだ。村上春樹をだいぶ読み漁った当時、レトリックは気取った書き方だとなんとなく思ってからは、どうしても嫌悪感が出るようになったからで。

調べてみると、この『あゝ、荒野』は寺山修司の書いた唯一の小説だとのこと。
文体は前述したとおりレトリックを多用したもので、多種多様な人物が入り混じる群像劇という形。
多くの人が知っているとおり、寺山修司は本来は劇作家であり、劇というものが群像劇になりやすい(と個人的に思っているだけ)だけに、こういった作品に仕上がったのは当然なのだろう。

あとがきで彼は「モダンジャズのような構成の小説」と述べている。
オチを決めず、次々とシチュエーションを描いていき、自然とフィナーレへと向かう手法で描かれており、もちろんそ
ういう手法をとる作家は少なくはないと思うが、本書は非常にさまざまなものからの引用が多いのが特徴。
時代背景が色濃く出た歌詞や詩などが多く登場し、時代観というものが鮮麗に描かれている。

自分で書いたあらすじでは、情けないことに青春小説のような青臭いストーリーを想像するかもしれないが、『あゝ、荒野』は多くのテーマを内包している。
新次の生き方にあこがれる<バリカン>のモノローグは物悲しく、彼だけではなく出てくる人物の多くが何かしらのコンプレックスを描いており、ボクシングという種目と掛け合わされている。
ボクシングとはそもそも――というやや批判的観点からも切り込まれており、今日テレビで目にする格闘技の感覚ではない、当時のボクシング観というものもこの作品には宿っている。
言ってしまえば野生なのだろうか。

前述したとおりのレトリック嫌いの僕としても、この作品は読みやすくスラスラといけた。
何度も読みたい一冊、おすすめ。

※追記
嵐の松本潤さんと小出恵介さんで舞台化するそうですね。
しかも演出は蜷川幸雄だとか。期待できます。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

STG強化月間



XBOX360といえば、充実したSTGのラインナップ。
古い作品から新しい作品、あまり移植のされなかったコアな作品まで、さまざまなSTGを楽しめるのは非常に魅力的。
スティックも買ってあることですから、この際がっつりと遊ぶことに。
ゲイツポイント3500を補充して、『トリガーハート・エグゼリカ』『ライデンファイターズエイシス』『斑鳩』をダウンロード。
初心者で1コインなんて夢のまた夢、でも楽しいからいいのだ。

ひとつずつ簡単な感想を。
まずは『トリガーハート・エグゼリカ』。
ぱっと見たビジュアルがギャルゲにしか見えないことで当時は話題になった一作だが、中身はかなりのガチ弾幕シューティング。
弾幕ではあるものの、敵をつかんで投げるアンカーシステムはかなり独特で、爽快感と戦略性を問われる。
ステージ構成もアンカーを考慮した配置が仕掛けられており、プレイヤーに考えさせてくれる。
音楽も良質。かなり楽しいSTGです。

ライデンファイターズエイシス』。
硬派STGの正統、雷電シリーズの外伝作品3作品をセットにしたソフト。
パッケージ販売ではプラチナコレクションにはなっていないが、ゲームオンデマンドとして低価格で販売開始。
雷電は非常に子供のころから好きだったので、久しぶりに触れた雷電である『ライデン』はいい感じに子供時代を思い出させてくれますわ。
グレフ社長が『いい爆発はいいSTG』という言葉をインタビューで述べていましたが、まさにこいつは爽快感抜群。
難易度も超高いが、なんとも楽しい。

斑鳩』。
名作と名高いトレジャーのSTG。
二種類の属性を絡めたシステムは非常に完成されており、脱帽ものの出来。
配置、音楽、ビジュアル等、拘りに拘ったSTG。

STGっていうのは面白いジャンルです。
演出や音楽、ユーザーインターフェース。
あらゆる要素が他のジャンルのゲームより複雑に絡み合って出来ているジャンルだと思いますわ。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

SRC_スーパーロボット大戦Jam第十話後編公開

これにて二年に渡り連載した『プロローグ編』が終了。
一応当初の予定通りのシナリオ展開を見せてはいるものの、更新停止中に異世界移動モノのスパロボが三本も発売されるというのは予想外です。

今回の目玉は

●ついに主役まで出てきた隠し参戦さん
●大好きプロスペクター
●ルリさんの異常な状況判断


とりあえず、次回からはかなりのびのびとしたシナリオ展開の予定なのが救いだろうか。
実は新システムをこっそり加えているが、意識して使うほどのシステムでもないので隠しギミックとしておく。
さすがに短期集中でシナリオあげるのは疲れる。

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

敵は海賊 猫たちの饗宴




新年一冊目の感想は再読作品からスタート。
敵は海賊 猫たちの饗宴』は神林長平先生の代表シリーズである敵は海賊シリーズの二冊目。
狐と踊れ』に収録されている一作目から通算すると三作品目にあたる作品。
この作品はOVAとしてアニメ化もされており、なかなか豪華なキャストの作品となっている。
ヨウメイに若干主役を奪われ気味だった前作『海賊版』から一転して海賊課がメインのシナリオを展開、前作であまり描かれなかった世界描写が大幅に増えたことで、『敵は海賊』の世界観を確立した作品といってもいいのではないだろうか。
前作が非常にハードな展開が多かっただけに、今作はよけいにコメディチックな作品に感じられる。
ラテルから見たアプロ観、ラジェンドラの性格、そして新人刑事を通してみるラテルという刑事の優秀さを描きつつ、彼らがいかに異質な存在なのかを強調するシーンが多く、全作品を通して読んだあとでも新たな発見が多い。
また、本作は天野喜孝による挿絵やカラーイラストなどが使用されており、そういった面での見所もある。

ストーリーは海賊課のラテルチームがくびを言い渡されるところから始まる。
ラテルたちはチーフから渡された再就職先の紹介状に従い、土星へと向かう。
そこでは、かつて発売禁止になったあるプログラムを利用した、海賊の罠が待ち構えていた――。

この作品を通して感じるのは、敵は海賊という作品の底知れなさだ。
ヨウメイという超人的な海賊と、これだけのコメディ性を持った存在が作品内で同居し、破綻せず物語が成立するのはなぜだろうか。
アプロだ――という人もいる。確かにアプロはマスコットであり、物語を進行させるエネルギーをもった強力な存在ではある。『神林長平トークショー』においてはなかなか貴重な意見が出ており、そこでもアプロは話題になっていた。
アプロは滅茶苦茶な存在ではあると思う。しかしアプロを契機にし、オープンになった敵は海賊の世界こそ、まさに滅茶苦茶なものだとも思う。
要するにアプロは非常に便利な枕詞のようなものではないか。彼が動くことでラテルやラジェンドラの支離滅裂さは初めてオープンになり、そこから間接的に『敵は海賊』が開かれるのだ。そしてアプロは後ろにつく言葉にあたるそういった要素を引き込むパターンが無数に存在しているのだ。
重要なのは――アプロによって引き出される『敵は海賊』の世界。つまり神林長平の発想そのものなのだろう。先生の発想の源はまさに、アプロの胃袋のように複雑怪奇で貪欲なものに感じる。

神林長平の真骨頂を『戦闘妖精・雪風』に見出すも、『火星三部作』に見出すこともできる。
しかし神林長平という存在は何なのかと問われるならば、僕は『敵は海賊』のどれかを差し出すだろう。
このシリーズを未読であるならば、それは大変損なことであると思う。

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。