スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライアスバースト



この時代にまさかの新作、『ダライアスバースト』。
TAITOの放った名作STG『ダライアス』の正統続編がPSPで登場というのは、2009年最後の大サプライズと言えるでしょう。
パッケージの販売に加え、PSPgoに対応したDL販売もされ、自分はDLで購入です。

全体的な完成度は、超大作とはいわないものの十分な出来。
これがTAITOではなく外注での製作というのが信じられないほど、ダライアスのDNAを引き継いでいます。

ダライアスシリーズで重要な音楽に関しても、現ZUNTATAメンバーがメインに担当しています。
正統シリーズでありながらOGRが全曲担当しない初のダライアスということで、現在さまざまな意見が飛び交っておりますが、個人的にいえばアリです。
新ゲームシステムのバーストに関しても、最初は馴染まないものの設置バーストに慣れてくると操作がかなり気持ちいいものになります。道中でのバーストとの連携やボスの攻撃を避けるためにバーストを使うなど、ボムでは味わえない『自分で操作している』感を味わえる。

ボリュームに関しては仕方ないと思いつつ、TAITOの縮小という事実が浮き出ているようで寂しい気持ちに。
しかしプロデューサーの気合が決して空回りせず、しっかりと作品へと伝わっている。
長寿シリーズへの挑戦としては拍手されるべき一作だと思います。

そしてうれしいことに『シューティングゲームヒストリカ4』も発表。
ラインナップは以下の通り。

●LEGEND SILVER HAWK BURST(タイトー『ダライアスバースト』より)
●FRINT LOCK(コナミデジタルエンタテインメント『XEXEX』より)
●CF-345 BLACK FLY(タイトー『メタルブラック』より)
●TWINBEE&WINBEE(コナミデジタルエンタテインメント『POP'Nツインビー』より)
●X-002(アイレムソフトウェアエンジニアリング『X-マルチプライ』より)

……もしダライアスバーストがコレジャナイだったら非常に残念なラインナップになるとこだった。
結果的に良作なので、メタルブラックダライアスバーストという新旧TAITO作品ラインナップという渋いチョイスに。
というかメタルブラックはすごくうれしい。

ダライアスバーストはプロデューサーの『誰でも遊べるSTG』を丁寧に実現した良作。
しかし体験版などの配布もないので、新規に触れにくいというのはあるいみ残念なところ。
とても楽しいSTGなので、ぜひ初心者でも遊んでほしい。
スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

スーパーロボット大戦Jam第十話公開

前回の更新が6月。
シナリオの更新が去年にまで遡るほど、長らく更新のなかった化石SRCシナリオ。
SRWJamが、やっとこさ更新です。
(でもまだ前編だったりしますが)

今回の更新でのユニットの変更点は以下の通り。

・雷獣迎撃小隊の性能変更
・雷獣迎撃小隊メンバーに台詞追加

最初は原作『宇宙探査機・迷惑一番』と同じように全機体性能を同じにしていましたが、崩しました。
小隊の雰囲気をつかむのがひたすら難しいところで、原作よりいろいろ崩れていたらごめんなさい。
今回のシナリオはは視点がさまざまに動きつつ、小隊をなるべく掘り下げようと思いつつ、かつ例の連中の再登場で盛り上げつつ、ごっちゃまぜになるのをなるべくわかりやすく、と考慮して作っております。
山場を越えたので、このままコンスタントに更新を続けたいなぁ。

テーマ : フリーゲーム
ジャンル : ゲーム

総括・2009年

今年もいろいろと恥さらしな生き方をしてきました、黒猫と踊れ管理人です。
とりあえず、なんとなく、2009年という年を振り返ってみましょう。

続きを読む

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

拡張パーツ・ショウターイム!

超合金魂ビッグオー・拡張パーツセット届きました。

触ってみて感じたことは……やっぱ高いよ畜生。
セット内容は新造ヘッド二つ、平手二つ、チェーンパーツいくつかと、メインであるOサンダーギミック再現用腕。
あとは台座にOサンダー再現エフェクトパーツ、それらを飾る台座。
最後に忘れちゃいけないスミス家自家用車・グリフォン。

一番価値があるのはヘッドパーツでしょうか。
魂のデフォルトのヘッドパーツは実は変形可能なように実寸より小さく作ってるとのことですが、それを無視してアニメ準拠のサイズにしたパーツです。
普段はデスクに飾っているビッグオーさん。毎日眺めていてもあまり頭が小さいとは思ってなかったのですが、今回のパーツをつけてみるとぜんぜん印象が変わる。ああ確かに小さいわ。
これのおかげでデスク上のビッグオーはますます存在感抜群に。

でもそれ以外はおまけというか、やはり値段が上がってでも通常版にほしかったものが大半なわけで。
平手はまだしも、このヘッドパーツやグリフォンは標準でつけるべきだろうと実感。出来は申し分ないのでなおさら。
Oサンダー腕部はモールドなどが通常腕とは違うので、片腕ずつにつけると違和感があるといえばあるし、結局Oサンダーを展開してもうまくかざるのは難しい。
正直ビッグオーを買ってから飾ってるだけで満足だっただけに微妙な気持ちに……まぁテンション高くして嬉々と注文した早計な自分が悪いのだが。
とりあえずつま先にしまって、新ヘッドパーツをつけて我が家のビッグオーは再びデスクの守護神ならぬネゴシエイターになるのであった。

ついでに――『Porsche 911 Turbo S Whell』のクラブスポーツエディションを実は注文している。
最近はtwitterの気軽さゆえにブログの更新を怠り気味で、話題に出していなかった気がするので改めて書いておく。
ハンコンを入手するのは初めての経験なので楽しみ。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

ランニングオブザデッド更新

ランニングオブザデッド』の正式版を公開しました。

正式版で追加・修正・変更された要素は以下のとおり。

・ゾーン選択の追加
・ゾーンごとに変化する敵の追加
・ゾーンごとの簡易エンディングの追加
・繰り返しプレイのできないバグの修正
・チュートリアルの選択肢でキャラクター選択へと飛ぶバグの修正

ゾーン関連のシステムはぱっと思いつきで追加しました。
もともと複数のゾンビのバリエーション自体は前回の更新時にも用意済みでしたが、アイコンに変化もなく、ミニゲームとしては情報量が多くなりプレイヤーを混乱させる可能性があるとして使用せず。
結果的にある一体だけ、前回のバージョンの隠しキャラとして登場させただけに留めていたのですが、思ったほど反応がいいので、ゲーム性を広げるほうに考えを変えて追加することにしました。
ただ、現時点ではおもいっきり調整不測でもあるので、また気が向けば修正します。
ゾーンの名称等もメモ書き程度のやつのまんまだったりしてますよ。
元ネタは某有名STGです。
細かなバグ修正も行いましたが、まだ出てくるかもしれませんし、様子見です。

次回の更新は未定です。
ほかにも作りたいシナリオが公開中のを含めて4本あるので(どれも興奮冷めつつ作るので完成遅れもしくは未公開で終わるので)、ちみちみ作っていきます。
個人的には意味もわからなく走り続ける設定のハチャメチャさが気に入っているので、『RunningOfTheDead』を今後ともよろしくお願いします。

テーマ : ゲーム製作 関連
ジャンル : ゲーム

斬撃のREGINLEIV PV公開



斬撃のレギンレイヴのPVが、ニンテンドーチャンネルに公開。
想像以上にスパスパ斬れてますね。
支援砲撃のようなシーンもありますし、味方の仕様も期待できそう。
これは発売日までに平沢進を聞き込んで、脳内ベルセルクにして挑むしかなさそうです。

今回確認できたのは
○Coop相手の状況が表示される。
○前転のようなものがある。
○一撃で数体の巨人を切り裂く描写がある。
○上半身が落ちる。
○ヒット数とダメージの表示がある。

概ねやってみたいなーというゲームプレイは安心してできそうです。

テーマ : Wii(ウィー)総合
ジャンル : ゲーム

……蘇る新たなネタ伝説……


……ネタを思いついたんだ……

……ブッ飛ぶほどすげぇシナリオのネタをよ……

……形になるかはわかんねぇけど……

……この記事の文体がヒント……

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。