スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロメロ三部作



ゾンビのサントラ、ジャケットがすごいかっこいいですわ。

最後のロメロ三部作『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を観ました。
公開が1968年、まだ白黒の映画ですが、非常におもしろかったです。ドーンの『ショッピングモール』、デイの『地下施設』と魅力的な舞台が多いですが、ナイトでは『民家』。住民のいない一軒屋に逃げ込んだ人々のぎくしゃくした空気がとてもサスペンスの基本チックで魅力的。民家という狭い、しかも孤立した空間でゾンビが押し寄せてくる、一作目でありながらとてもおそろしいシチュエーションを完成させている。
ドーンでも混乱した様子をテレビなどで表現していましたが、ナイトでもパンチの効いた恐怖を与えてくれます。またゾンビ狩りする人間の恐ろしさなども、三部作では一番エグく描いている。それと相変わらずの黒人さんがめっちゃ強い。

ロメロのゾンビ三部作を見て一番思ったのは、思ってたより一般受けする作品だな、ということ。
すごくエンターテイメント性とテーマ性のバランスがいいし、遊びつつシリアスさもちゃんとあるのをドーンやデイでも感じた。個性的なゾンビはとても魅力的で、ロメロ監督がバイオハザード2CMメイキングのインタビューで「ゾンビはそれほど邪悪ではない」と言っていたのもよくわかる。ドーンでのピーターの名台詞「地獄が満杯になると死者が地上を歩き出す」という部分にも、ゾンビに対する悲しみを感じる。悲しい哀愁のジャンルなのだなぁ。
あと三部作は非常に音楽がいい。とても印象に残る音楽が多い。これはもう古株のファンの皆様にはおなじみなんだろうけど、めちゃくちゃ気に入った。

グロ描写が嫌い、ホラーが苦手という人ほど、がんばって観てほしい映画だなぁと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ネタは豊富なSRC

ちょっとアイデアが浮かんだのでインクル組みつつ新SRCシナリオを組み始める。
公開するかは未定。

SRCneo

これは……?

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

ゾンビは続くよ

ゾンビ映画、まだまだ見ます。
一度見慣れると細かいディティールとかが楽しくなってきますね。

一本目は『死霊のえじき』。ロメロ監督のリビングデッドシリーズの最終作ということらしいです。
基本は前作の『ゾンビ(ドーンオブザデッド)』と同じく、死人がとにかくよくわからんがゾンビ化したという世界。アメリカ全土がゾンビ地獄と化し、ついに死者の総数のほうが圧倒的になってしまった中で、地下施設に避難した軍人たちと科学者たち、民間人たちがゾンビに対抗する手段を練るというのが大筋の話。
前作以上に人間(とくに軍人)が愚かに描かれており、同時に全員にエゴを持ち合わせ対立しているのが印象的。ゾンビを全滅させたい軍人と、軍人の苦労を考えず研究に明け暮れる研究チームの拮抗した関係が崩れ去るという構図が、シンプルでわかりやすい。
スプラッタ描写は増えたものの、前作以上の演出を狙っただけで必要以上に見せ付けてはいない。まぁ豚の内臓とからしいんで駄目な人は駄目だろう。
キャラクターの個性は前作より登場人物の増加のせいか若干減った。民間人チームは魅力的だけど、やっぱり今作は軍人チームのローズ大尉に乾杯。愛すべきへたれ悪役という点で、なんとなくムスカと同じにおい。
個人的な評価ではゾンビ>死霊のえじき、という感じだけど、すげーおもしろい。あと相変わらず音楽がかっこいい。ロメロ監督にはだんだんハマってきたかな。

二本目は日本産ゾンビ、『バイオハザード』。
レンタル開始時に見た映画で、今回ゾンビマイブームの流れで見直してみた。当時でも「原作ありきのわりにおもしろい」という感想だったけど、今見てもそんな感じ。……気になったんだけどこの映画ズーム演出多いっすね。ゾンビ犬のシーンでめっちゃ多用してるけど、たぶんメイク剥がれたり言うこと聞き難いから苦肉の策なんだろうなぁ。
どうしても今見るとCG荒いのも仕方ないんだろうな、当時は気にならなかったんだけど。サイコロステーキのシーンとかゾンビよろしく死のうと思ったけどやめるシーンとか、死霊のえじきと同じ新聞があったりとか、ゾンビ映画見たあとに見ると新鮮な発見もあり。
ただゾンビシーンのグロ描写がロメロ映画より少ないんだなぁと思ってしまう。多くの人に見てほしいから避けたんだろうけど、じゃあサイコロはなんなんだろう。
2~3がひどいなんて話は聞くけどまだ見てないから判断できず。今見てもおもしろい映画だとは思う。

三本目は『ゾンビキング』。よく知らないんですけど、クソ映画だそうですね。
いやまぁ、つっこみどころ満載で、それが楽しい映画ではあると思う。ゾンビの存在がそこらの野犬並みに世間に認知されていて、かつ覆面プロレスラーが某筋肉ヒーロー並みに超人気の世界とかぶっ飛んでるし。というかこの時点でプロレスラーとゾンビに何の関係が?
いや、あるんですけどね関係。主人公ユリシーズ(覆面プロレスラー)のかつての相棒、ティキ(覆面プロレスラー)がゾンビにプロレスを仕込んで全国行脚しているそうです。
それである日ティキのゾンビプロレスの最中に女の子がゾンビに襲われ死亡。ユリシーズはティキの無実を証明するために親友ミスターX(覆面プロレスラー)に相談。ゾンビ専門家のミスターXは容疑者のティキのゾンビを催眠術で調べ、彼が無実ゾンビであると証明する。無実ゾンビって……。
そして無実ゾンビの帰巣本能で殺人ゾンビのアジトを発見。そこにはかつてのユリシーズの敵、ゾンビキング(覆面レスラー)だった!
ユリシーズは事件の決着をつけるためゾンビキングに戦いを挑む。
ユリシーズのかつての仲間の覆面プロレスラーの息子、ブルー・セイント(覆面レスラー)と姉メルセデス(覆面レスラー)、彼らの父親の敵討ちの話もあるけどよく考えると本筋に絡んでないぞ。
現役レスラーが演じているだけあって演技は微妙、プロレス技はちゃんとしてる、でもぜんぜんカット割りしてねぇ!だから迫力がねぇ!ホームビデオか!
いや、おもしろいんですよ、この映画。設定がカオスなところとか。でもカオス設定の盛り上がりが序盤で終わるのはもったいない感じ。
でも素手でゾンビの頭ねじ切るって、覆面レスラーは恐ろしいね。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

反省/破戒

こうしてアンブロークンアローが発売され、無事に感想らしきものも書き終えられたとこで、自分に対してちょっとした反省をしなければならない。本ブログは神林長平先生作品を取り扱うと明記しておきながら、ブログでの取り上げた回数が少ないことである。
というのも、自分が以前に感想をあげていた日記サイトは自分の手違いで削除されてしまい、かつての多くの感動の書きなぐりはこちらへ移すまえにネットの海から漂流してしまったのだ。
前向きに捉えれば、これは再読のススメなのだと考える。すでに大半の作品を読破し、残す作品も数えるくらいになった今、それらを消化するのは当然として、一から神林作品に向き合う時期なのだと思う。
そして筆の止まっている『スーパーロボット大戦Jam』にも必ず何かしらの結末をつけなくてはならない。

実は運よく神林先生のサイン会の整理券は手に入れた、のだ。
なんとも、どうサインを受け取ればいいのか困るぞ。

今回のアンブロークンアローには非常に個人的な思いが強い。
雪風のとの出会いから、自分の人生観はいろいろと変化してきたのは事実で、それだけでなく神林作品が結びつけた縁というのも、あった。今はない、取り戻したいと思うが無理だろうと思う。
これほど本に個人的な思いを添えられるのも、その縁あってのことで、その点に関して僕は大いに彼に感謝しなければならない。なんていったって自分は阿呆だったのだ。多くのことで彼を考えるために本を読んだし、いろんなことを考えたのだ。感謝してもしきれないのだ。
いまさら再び会いたいなどと女々しいことは、言いたいが言わない。ただ単純に、ありがとうと書いておこう。

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

アンブロークンアロー戦闘妖精・雪風



雪風が帰還する――満を持して我々の前に舞い戻った『氷の女王・第三部』は、意外な人物の手紙から始まった。
雪風の最新作、神林長平の新作、そして日本SF――どの視点から見ても、この『アンブロークンアロー』は一大傑作に違いない。当然、この作品は続き物であり、多くのストーリーには過去の出来事が(以前の雪風よりずっと)絡んでくるため、初見の読者には向かない。しかし、この圧倒的な読後感を味わいたいなら、今すぐ『戦闘妖精・雪風<改>』と『グッドラック戦闘妖精・雪風』を読むべきだ。
雪風は、ジャムは、身近にいる。

※以下、ネタばれ込み雑記

続きを読む

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

見れるものは見とけ

先日はエイリアンメドレーを鑑賞しましたが、今回は初代エイリアンを見る前に目に止まった映画に踏み込みました。
一本目はトビー・フーパーの『悪魔のいけにえ』、傑作ホラーですね。
サイコな演出、ぞっとする殺害シーンなど、目が釘付けになるシーンがいっぱいでしたが、某所資料によると制作費4千万円というのは……すごい。音楽や逃走シーンのカット割りに深いこだわりを感じます。
テーマのある映画ではなく、見てそのまま感じてそのままといった映画で、とにかくレザーフェイスの狂気が映画の中身です。
洋館での殺しのシーンの鮮やかさは、なんとなくサイコのアーボガスト探偵の殺害シーンにも似た感じかします。(サイコでは好きなシーンです

二本目はジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』、見ましたよーゾンビ。
ちなみに全米公開版です。
ちょっと見て驚きました。こいつをグロだとかホラーだとかで区別するのは間違ってましたね。
某デッドラがこの映画のパロディであったり元ネタだったりとは聞いてましたけど、このロメロの『ゾンビ』にはあのゲームにはない強いドラマ性がありますね。某所資料によるとロメロ監督は『巨大消費社会への皮肉』がテーマにあるとおっしゃっている。なるほどなと思いました。
ゾンビの殺害シーンでは軽快・愉快な音楽が流れ、たどたどしい動き・知能のないゾンビは人間にあっけなく粉砕されていく。しかし次第に人間のほうが理性を少しずつ忘れていく、そこに人間本来の怖さのようなものを感じます。ゾンビ狩りを楽しむ人々の姿も、何か恐ろしい。
生きていたころの習慣で動くゾンビの個性もおもしろい。細かく見ていくと「なんでこいつこんな行動を?」というゾンビや、「なんでこんなものを持ってるんだ?」といったゾンビ、「どうやって死んだんだよ」など、いろんな疑問を投げかけられるのは、ゾンビに漂う生活臭のせいでしょうか。
あと登場人物の個性もいい。下手に狂人に描くと彼らに同情できないところを、いいラインで踏みとどまっている感じ。
かなり気に入りました。たぶん登場人物の出来のいいフィギュアが出たら買ってしまいそうです。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

恐怖の徹夜エイリアン



エイ(ド)リア~ン!!
いや、これはプレデターんだけど、かっこいいよね。

某動画でエイリアンがあがってたので、夜通しで2~4までを見させてもらいました。
なぜ1からじゃないかというと、単純に見つけられなかっただけです。
(後に見つけたので見ますよ)

以前にもこういうパニック系の映画が苦手だと書いたのですが、人生はエンターテイメントだとかどっかの胡散臭いメガネも言ってますし、チャレンジ精神です。

意外にも……見れました。
想像だけで怖がってましたけど、中身はとても映画らしい映画でした。
まず『エイリアン2』。
1は見てませんが、大量のエイリアンやレベルの高い特撮、続編としてのスケールアップは見事に成功してる作品だと思います。
主人公リプリーは実の娘を地球に残したまま、前作から50年の時をコールドスリープして経過。再び目覚めると娘はすでに老婆になって他界している……というSFの悲劇。そこにエイリアンに襲われた植民地の生き残りの少女ニュートとの出会いを重ねて、リプリーに母親としての強さを付加する構成はシンプルですが効果的です。リプリー役のシガニー・ウィーバーが非常にかっこいいので、まさにリプリーが強い女であることを演じきっています。
しかも敵はエイリアン・クイーン……エイリアンの母親と人間の母という対決は非常にかっこいい。
あとクイーンの初登場シーンはすごい、いい。

次に『エイリアン3』。
いろいろと必然性がない演出、ストーリーの多い作品、という感じでしょうか。
制作陣がぐだぐだになってしまったのが非常に見える作品です。グロ描写はアップして、派手に見せてますけど、それを見せたいだけって感じにも見えなくないかも。
とにかくリプリーが死ぬことこそが、この映画の価値だと思う。

現時点での最終作『エイリアン4』。
リプリーがエイリアンとのハイブリッドヒューマンとしての復活。エイリアンによる軍事産業をもくろむ人間の描写が多く描かれ、いろいろと魅力的なシーンが多い作品。
宇宙貨物船チームを面白おかしいチームとして描くのはいいんだけど、謎の女コールの描写が……微妙。逃げる途中で銃で撃たれたコール、死んだと思ってたら復活、いったいどうして――という流れを描くには前置きが足りなくて拍子抜けする。なぜ、と思うより、なにこれ?と思ってしまう。後にコールの秘密のせいだとわかるが、どうもこのコールを不思議に描けきっていない。エイリアンハイブリッドのリプリーに描写を割いてしまったせい?
でもエイリアンという生命とハイブリッドリプリーの神秘性を映像で魅せる部分はとてもきれいに作ってるなぁ、と思う。宇宙貨物船チームの描写は薄くていいから、コールとリプリーの神秘性を重視したほうが良かったと思う。まあ公開された時代が時代だから、こういうタイプの映画は難しかったのかも。(今はダークナイトやウォッチメンもあるし、いっそ今このテーマを掘り下げてほしい)

こんな感じで、一気にエイリアンにどっぷりです。
実は『エイリアンVSプレデター』も見たんですけど、割愛します。
プレデター見てないし、馬鹿映画ですし。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

damemix



ずっと昔から活躍されている「いぬ」氏の『damemix』です。
一年前からよく聞いてたのですが、最近は活動を再開されたようで新曲をよくニコニコに上げています。
アニソンのリミックスがメインで、非常にぐっと溜めた感じの音の切り方、みたいなのを聞いてて感じます。
聞き始めると長いんですけど、なんというか、昔アニゲマスターで電リク回にぜんぜん知らないアニソンが次々と流れてきて「こんなアニソンあるんか!?」と楽しんでいたときのような感じになります。




一番の盛り上がりどころにダイガンダー持って来るところが好き。
クウガ~地球防衛軍のテーマの流れもすごい溶ける。
ロボ、特撮好きなら最高の一品。



ニコニコ動画での人気はroboMixxと二強。
これも途中のノワールとかがかっこいい。



『夏のあらし』までの新房監督作品のみmixx。
自分も新房監督大好きなので、すごい盛り上がる。

これからも応援します。

テーマ : 日記
ジャンル : 小説・文学

秋葉原で言語翻訳機と握手


『アンブロークンアロー 戦闘妖精・雪風』刊行記念サイン会

神林長平氏デビュー30周年記念イベント第一弾開催決定!


なん、だと……。

これは確実に行かねば、なるまい、ですよ。
先生のサインだなんて超貴重です、たぶん。

それと、『敵は海賊・短篇版』が発売決定だそうで。
第一作目の『敵は海賊』、『A級の敵』に登場したジュティの活躍を描いた『わが名はジュティ、文句あるか』、『戦闘妖精雪風』と接近遭遇するお祭り作品『被書空間』が収録。

あと一本収録だそうですけど、これ以外に短編ってあったっけ。
もしかして書き下ろし新作?
だとしなくとも、そこそこ読みにくい作品であったジュティと被書空間の二作が手軽に入手できるのは非常にうれしいところです。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

T4 & 破

映画二本見てきました。
一本目は多くの人と同じように3作目に失望したあれ、『ターミネーター4』。
3公開当時、自分はまだ生意気なヤングガイでしたが、親父の英才教育で洋画への狂信はすでに持ち合わせてました。
映画の続編はコケるジンクス、それを突破したターミネーター2はすばらしい作品だと思ってました。別に今でも思ってますけど。
続編への恐怖ってやつが根付いてたんですね、『ジュラシックパーク・ロストワールド』が全部悪いんですけど。
ジュラシックパーク』が当時の恐竜世代の自分にとっては、パニック要素を混ぜながらもとても温かみのある作品に仕上がっているところが大好きだったんですね。だから(自分の中での)名作が単なるパニックムービーになってしまったのは非常に恐怖の出来事だったわけです。だから今でもパニックムービーは嫌いです。

話題が逸れました。
T3』は劇場では見ることなく終わりました。
もうすでに地雷臭を探知してたんですね、主演が変わったりとか、そういう部分に製作者の「苦肉の策」みたいなものが見えてて。
ビデオで見て、本当に微妙だな、としか思わなかったのをよく覚えている。
あとソファで親父が寝ていたのを。

T4です。
近年の映画は贅沢な金を丁寧に使う術を覚えたように思います。
無駄金は使わず最低限楽しめる作品、その水準がここ数年でぐっと上がったような感じ。
いや、いまだにアレな映画は多いと思いますけど、大物作品でこけるのを必死に抑える術が出来たような感じ。
T4もそんな映画。非常にコンパクトに、つまらなくならないように、最低限大胆に作られていると思った。
荒を探そうと思えばどんな映画も出来ると思いますけど、そういう怒りが沸かない程度によく面白くできている。
荒廃した都市とかもいい感じ。
ターミネーターらしさは薄いかもしれないけど、大作三部作の一発目としては十分じゃないかと。
でもネタばれ込みで一言言うと……。
……マーカス以外に心臓移植しようってやつはいなかったのか。
あれだけ強いターミネーターが完全に味方になったのに。
まぁマーカスの心臓は特殊そうだし、心の強さがジョンに受け継がれたという伏線なら納得できるんだけど。
マーカスの物語を一作にまとめるという設計なら十分完成してるとは思う。
……でもやっぱり魅力的なキャラだと思うんだけどなぁ、彼。

いろんな意味で次回作がコケないように期待。

長くなったのでヱヴァンゲリヲン(エヴァンゲリオン)は続きに。
ネタばれ込みで。

続きを読む

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

たまには

今朝から我が家の黒猫が元気である。
つぶらな瞳をまっすぐ自分の目にあわせてくる。
彼らの生き甲斐は「食と愛」である。
いや、愛嬌だろうか。
ちくわを与えてやるとものすごい勢いでかぶりつく。
今日も鬱蒼とした日々が始まる。
久しぶりの徹夜の朝だ。

ふとマイノリティという言葉を思い出した。
なぜなら今の自分がマイノリティの例に立たされているからである。
そしてかつての友人が、そのマイノリティを恐れていたのを思い出し、今朝がたそのログを引っ張り出して眺めた。
彼に助言を求めたのである。
しかし彼は過去の人なので、書店で売っているような啓蒙本程度の知識と、懐かしい思い出の香りしかそこに見出せなかった。
彼の言葉が聞きたいのだが、それはもうほとんど叶わぬ願いだろう。
よけいに憂鬱になった。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

パノラマの島のルリヲ

咲 -Saki- の3~5巻を読む。
うーん、麻雀描写がめちゃくちゃしっかりしてるじゃないか。1~2までのハッタリさだけで勝負せず、麻雀漫画として読める作品にしようという意気込みがすごい。その分、キャラの試合の濃さが違うのは作業量的に仕方ないんだろうけど、まことかの試合もいつかちゃんと見たいところ。この大会に区切りがついたら、遠征編とかになるのだろうか。
衣のボス臭も素晴らしいが、後々のボスのハードル上げてる気もして怖いところ。勢いが失速しないように祈りたい。

雨の日が続く。雨の日は嫌いです。
きれいな室内で雨音を聞くのは気分がいい。
部屋が汚れていたので掃除をする。
掃除は嫌いなのだが、今回は入念に行う。
ある場所を四年も放置していたので、なさけない話ですが。
そこに四年分の汚れというか、怨讐のようなものが舞うのを見た。
四年分の蓄積とか鬱憤とかを除去していく作業です。
四年分の俺よ、さらば。
一年前の俺に、会いたい。

テーマ : 日記
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

そくろ

Author:そくろ
ホームページはこちら


Powered by ついめ~じ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。